お知らせ ~患者様の声、感想を頂きました~

 

今回の患者様の症状は、ぜんそくと慢性副鼻腔炎(蓄膿)です。

 

20年以上のぜんそくと慢性副鼻腔炎(蓄膿)に悩まされ、

ここ10年は嗅覚がなくなってしまっているという症状の方でした。

今でも週1回の治療を継続して続けています。

 

ご自分で食事を気を付け、

また自宅でお灸によるセルフケアを継続して下さっているため、

症状の改善が早期にみられました。

 

 

毎日睡眠時間が短くて、ご飯はコンビニごはんやカップラーメンばかりで、、、

という状況ではいくらはりをしても効果が出にくいです。

生活習慣を変えていくということは大変なことですが、

少しずつ変えていくことではりの効果もより出やすくなります。

 

毎日湯船に浸かる、甘い物を控えるなどちょっとしたことも、セルフケアのひとつです。

 

 

もう治らないかもと思っている長年の悩みにも、

東洋医学的な視点で見ることで、解決の糸口が見つかることもあります。

 

当院では治療だけでなく、生活の中で実践できるアドバイスをどんどんお伝えしています。

長年の病や体質を変えていくには時間がかかりますが、

治したいという患者様の気持ちに、私たちも全力で応えます。

 

 

 

 

 

 

 

以下アンケート引用

私はぜんそくと副鼻腔炎がひどくて、どうしても薬をやめたくて

やめるとぜんそくとアレルギー反応がひどく出るので、

それを抑えたくて通院しました。

通院してから2カ月くらいから薬を飲まなくてもぜんそくの発作が出なくなり

朝まで静かに眠れるようになりました。

嗅覚は今ないのですが、最近ふっと香る瞬間があり、

副鼻腔炎の症状も改善の方向に向いてると確信しています。

 

カテゴリー