接骨

p5

接骨は、健康保険を適用した怪我の治療です。
症状に応じて、西洋医学的に正しい方法で整復、包帯固定、テーピング、電気治療等をしていきます。

骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)の5つが健康保険の適用になり、急性の怪我に限定されています。肩こりや慢性的な症状には、保険は使えません。
『いつ? どこで? 何をして痛めたのか?』の理由が明確でないと保険の請求はできません。
また仕事中の怪我は労働災害の扱いとなります。

当院で対応出来ない重篤な症状、又は内科的要因が疑われる場合は、各専門医にご紹介させて頂きます。

接骨治療の流れ

  1. 問診票を記入していただきます。
  2. 問診票をもとに、お話を伺いながらお身体の状態を確認します。
    ※検査の結果、当院で対応可能か判断いたします。
    もし対応出来ない症状の場合は、応急手当の後、各専門医にご紹介させて頂きます。
  3. お身体の状態の説明と、適切な治療をいたします。
  4. 治癒までの目安、今後必要な通院頻度の説明をいたします。